シロクマあいすの日記

シロクマあいすの思いつきを書いたものです。

今週の読書(1月29日~2月4日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 『チェンソーマン』①~⑬・・・アニメがあまりにも面白くて、原作にも手出し。え、これって「週刊少年ジャンプ」に連載されていたの?残虐シーン満載で、登場人物がみん…

今週の読書(1月22日~1月28日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る 猟犬に哀れみの首輪を』㉓・・・3ヶ月連続刊行ですね。でも、次巻で完結できる? また何年も待たされるのは嫌だよ。 白鳥士郎『りゅお…

今週の読書(1月15日~1月21日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 藤本正二✕Juan Albarrn『マタギガンナー』➁ 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』⑥⑦⑧(再読) 笛吹太郎『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』・・・読みやすい短…

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』とアニメ『チェーンソーマン』とドラマ『忍者に結婚は難しい』感想

まったくバラバラですが、最近見た映像作品というだけのくくり。 『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』はものすごく面白かった。 圧巻の映像美と、ちゃんと地球とは異なる惑星の設定がしっかりしていて、ドキュメント映画といわれても騙されるんじゃないと…

今週の読書(1月8日~1月14日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る』③④⑤(再読) 伏瀬『転生したらスライムだった件』①・・・アニメはしっかりチェックしていたので、今更ですけど。面白いは面白いけど、…

2022年のマイベスト本

あくまでも、私が2022年に読んだ本という基準です。 漫画部門 新規に購入した作品で、これはというのは少なかったです。 朝倉秋成✕小畑健『ショーハショーテン』①~③・・・お笑い青春物が好きなので。原作者をみても、作画者をみても、つまらなくなる要素は…

今週の読書(1月1日~1月7日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 浅井ラボ『されど罪人は竜と踊る 去りゆきし君との帝国』㉒・・・4年半ぶりの新刊です。しかも、3ヶ月連続刊行らしいですよ。内容は変わらず、濃密。普通のラノベ、4冊…

アニメ「惑星のさみだれ」感想

原作を忠実に再現していて、カラー&ボイス・音楽付きの漫画と思えば良いできでしたが、アニメとしては作画があまりにもあれでした。 逆に話は原作通り素晴らしいので、良い作画がつけば、大ヒットしたと思うのですが。

今週の読書(12月25日~12月31日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 鴨崎暖炉『密室狂乱時代の殺人 絶海の孤島と七つのトリック』・・・あまりに面白かったので、別途書評にしました。 馬場翁『蜘蛛ですが、なにか?』⑮ 津原泰水『たまさ…

あまりにも人工的な。『密室狂乱時代の殺人』感想

鴨崎暖炉『密室狂乱時代の殺人 絶海の孤島と七つのトリック』を読みましたが、面白かった。 前作『密室黄金時代の殺人』と同じく、あり得ない設定ながら、次から次へと起こる密室殺人と、どんどん解決される密室トリック。その数、なんと7つ! どの密室もし…

今週の読書(12月18日~12月24日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 速野悠二『神様、やりすぎです♡』・・・表紙が植芝理一風で、妙に気に入って、エロ系だと思いつつも衝動買いしたら、ガチのエロ漫画だった。すっかり中年になって、この…

アニメ『アキバ冥途戦争』最終話をみた

今から20年以上前の秋葉原に本当にメイド喫茶が乱立した時代背景をもとに、そのメイド喫茶の商業戦争が、本当の銃撃戦のあるヤクザの抗争だったらという任侠物パロディ。 基本ギャグのはずなのに、登場人物がみんな大真面目にやっているので、異様に緊迫感が…

ものまね番組をみて思うこと

もともと「ものまね」には興味が無く、TV番組をみていなかった。大御所(コロッケとか、神奈月とか)やブレイク芸人は分かるぐらい。 最近、YouTubeで「よよよちゃん」の動画を見始めて、その「よよよちゃん」がでるようなので、先日、『ものまねグ…

今週の読書(12月11日~12月17日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 橙乃ままれ『まおゆう魔王勇者』③・・・段々中心が魔王と勇者でなくなってきて群衆劇になってくると、段々会話劇が重くなってくる。まあ、読みますけどね。 馬場翁『蜘…

今週の読書(12月4日~12月10日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 yatoyato『恋人以上友人未満』②・・・絵は好きなんだけどな。元AV男優と女優のピュララブコメという設定が微妙。 小野寺浩二『おたがね¥』①・・・この作者、昔はかな…

今週の読書(11月27日~12月3日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 斜線堂有紀『キネマ探偵カレイドミステリー』・・・今ときめきつつある作家のデビュー作ですね。・・・正直、読みやすくはあったけど、いまいち。特に最終話の取り散ら…

あの「文豪ガストロノミー」が、『文豪ナツメは料理人が嫌い』となって単行本で帰ってきた!

グランドジャンプに久部緑郎✕松本渚のコンビで「文豪ガストロノミー」が読み切り短編として掲載されたのは去年の5月のこと。 あまりに面白くて推したんですが、その後は梨のつぶて。 と思いきや、いつのまにかWEBコミックに連載されていたようで、ついに…

今週の読書(11月20日~11月26日)

きくち正太『おせん 真っ当を受け継ぎ繋ぐ。』⑦⑪・・・この巻だけ持っていなかったので、安売りを機に購入したけど、乗れなかった。面白い漫画だと思うけど。 志名坂高次『凍牌コールドガール』③ 白乃雪『あたりのキッチン!』①・・・昔の漫画を衝動買い。こ…

今週の読書(11月13日~11月19日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 加藤元浩『Q.E.D.iff』㉓・・・毎回新刊がでるたびに大騒ぎしているような気がするけど、今回も単行本半分とは思えない切れ味の作品でした。特に「形式的真実」。…

藤田和日郎『読者ハ読ムナ(笑)』を読んで

藤田和日郎といえば、「うしおととら」や「からくりサーカス」などの30巻超えの漫画を少年サンデーで連発する人気マンガ家ですが、何がスゴいって、彼のアシスタントがことごとくマンガ家デビューをしていることですよね。 どれほど「師匠」として一流なんだ…

ドラマ『霊媒探偵城塚翡翠』見終わった

色々と先の展開を気に病んでいましたけど、 まさか、全5回できっぱり終わらせるなんて。 まあ、でも番組名を変えるけど、予想通り、そのまま原作通りに 続きを作るみたいですね。 それにしても、主役の城塚翡翠が魅力的すぎる。

今週の読書(11月6日~11月12日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 地主『スーパーの裏でヤニ吸うふたり』①・・・この手のコメディは嫌いじゃないけど、期待値が大きすぎたかな。 藤栄道彦『最後のレストラン』⑳・・・話は安定してきたけ…

アニメ『アキバ冥途戦争』とドラマ『霊媒探偵城塚翡翠』が無性に面白い。

いえ、タイトル通りなんですが。 『アキバ冥途戦争』は、完全オリジナルアニメ(?)。メイド喫茶同士がしのぎを削る秋葉原の話ですが、文字通り、「戦争」で、拳銃を撃ったりして物理的に相手を潰します。いわゆる任侠(ヤクザ)物のストーリーはそのままに…

今週の読書(10月30日~11月5日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 衣笠彰梧『ようこそ実力至上主義の教室へ』⑦・7.5・・・7.5は完全に続き物で、短編集ではなかったです。 櫻田智也『蝉かえる』・・・一見、何でもないことや、ちょっと…

今週の読書(10月23日~10月29日)

京極夏彦『遠巷説百物語』・・・シリーズとしてみたら、「巷説百物語」シリーズが一番好きだし、面白いと思う。 馬場翁『蜘蛛ですが、なにか?』⑥・・・始め読んだときはかなり酷評した覚えがあるが、いまやもっとも楽しみにしているラノベかも。 衣笠彰梧『…

今週の読書(10月16日~10月22日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 るーすぼーい✕古屋庵『無能なナナ』①~⑩・・・こんな面白い作品を見逃していただなんて。まったくノーマークでしたが、あまりに面白いので、一気読み。以前、アニメ化な…

ドラマ「霊媒探偵城塚翡翠」第一回の感想

原作は、文句なしの傑作。 さて、ドラマ化はどうでるか。 第一回みた感想としてはよく出来ています。 映像は綺麗だし、主人公も魅力的に描かれています。 作中のミステリ要素は原作通り、、、ん?原作通り? ちゃんと原作通りなんですけど、それって良いこと…

今週の読書(10月9日~10月15日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 甲斐谷忍『カモのネギには毒がある』①・・・詐欺師を騙す経済学者の話。漫画「クロサギ」と同じテイストだが(まあ、原案が同じ夏原武だからね)コメディ色が強く、普通…

今期のアニメの話。

まず第一話視聴。 「後宮の烏」・・・絵はきれいだが、好みに合わない。第一話で終了。 「転生したら剣でした」・・・出オチ。話の展開がご都合主義かつアホらしくて、ついていけない。第一話で終了。 「陰の実力者になりたくて!」・・・原作無視の展開。今…

今週の読書(10月2日~10月8日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。 ※感想はあったりなかったり。 ※漫画の再読は含まず。 浅倉秋成✕小畑健『ショーハショーテン』③・・・作中の漫才もきっちり面白いと思う。すごいね、原作者。 山口ミコト✕佐藤友生『トモダチゲーム』㉑ 藤栄道彦『妖怪の飼育…