シロクマあいすの日記

シロクマあいすの思いつきを書いたものです。

今週の読書(2月18日~2月24日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

丸山恭右『TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには』㉑・・・毎回もいいやと思いながらも、続きが気になって買ってしまう。

 

石持浅海『殺し屋、続けてます』・・・設定は面白い。アイディアはたいしたことないが、とにかく読みやすく楽しい。

 

浅倉秋成『六人の嘘つきな大学生』・・・前評判通り、ものすごく面白かった。登場人物のキャラクターが物語が進むにつれて変わっていくのが特に良い。

 

福澤徹三『侠飯 9』・・・ワンパターンもいいところだが、それが良い。時代劇のような良さ。

今週の読書(2月11日~2月17日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

城平京✕片瀬茶柴『虚構推理』⑳

 

西瓜士『地雷忍者るるの失恋』①・・・馬鹿馬鹿しい設定は予想通りだけで、思ったりより絵が良くない。コメディは絵が良くないと白ける。

 

春日井晶『踊る千年家族』①・・・こっちもコメディだけど、キャラと絵が良い。

 

乙一『The Book』・・・荒木飛呂彦の『ジョジョの奇妙な冒険』スピンオフ。なんとなく読み損ねていたがめちゃくちゃ面白い。仗助たちの出てくるパートは能力のアイディアや頭脳合戦、アクションも含め、本家を超えるほどのできばえ。しかし、それだけで終わらないのが乙一。事件の背景を描くパートは、情緒溢れるホラーテイストで、これだけで、一編の小説として評価できます。

 

貴志祐介『秋雨物語』・・・ノンシリーズのホラー小説集。アイディアは、まあ並だが、とにかく、つかみが抜群に上手い。癖のない文章の良さも相まって、先を読みたくて仕方がなくなる。

 

まはら三桃『無限の中心で』・・・数学好き高校生の青春物。ティーン向けですが、読みやすく、素直に感動できて面白かった。

 

丸山くがねオーバーロード』⑩~⑬(再読)・・・読み始めるとやっぱり読んじゃうんだよね。

今週の読書(2月4日~2月10日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

理不尽な孫の手無職転生』⑰~㉖(再読)・・・結局全部読んじゃった。

 

 

今週の読書(1月28日~2月3日)

 

理不尽な孫の手無職転生』⑥~⑯(再読)

 

西尾維新『ウェルテルタウンでやすらかに』・・・最近の西尾維新は「奇想小説」とも呼ぶべき、ワンアイディアを発展させた読み切り作品が面白い。結果としては長編だが、意外と短編作家だと思う。

今週の読書(1月21日~1月27日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

大河原遁王様の仕立て屋 ~下町テーラー』⑮

 

轍平『マリッジグレー』⑤

 

施川ユウキバーナード嬢曰く。』⑦

 

汀こるもの『お遍路と御霊返し 煮売屋なびきの謎解き支度』

 

貴志祐介『コロッサスの鉤爪』(再読)

 

夢枕獏藤田勇利亜『小説 ゆうえんち ーバキ外伝』③④⑤・・・小説版。何気に夢枕獏の作品を読むのは初めてかも。面白いです。イラストもかなり大目で良い。①②巻は売っていなかったのですが、漫画版でなんとなくストーリーはつかめていたので、問題なし。でも①②巻も読みたい。

 

理不尽な孫の手無職転生』①~⑤(再読)・・・再読し始めたら止まらない。

 

 

今週の読書(1月7日~1月20日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

うっかり更新忘れてた。あまり本を読んでいないこともあるし、アニメ新作に夢中だったため。

 

汀こるもの『煮売屋なびきの謎解き支度』『贋富くじと若さま』・・・江戸時代の食べ物屋を舞台にしたミステリ時代小説。普段なら絶対に読まないジャンルですが、大好きな作家、汀こるもの作品なので。最初は、「普通・・・汀こるものっぽくない」という感想でしたが、話が進むにつれ、段々汀こるものらしさが全開に。

 

鳥羽徹『天才王子の赤字国家再生術~そうだ、売国しよう~』(再読)①~⑫・・・思わず再読。面白いね、やっぱり。

 

蝉川夏哉異世界居酒屋げん』

 

宮地拓海『異世界詐欺師のなんちゃって経営術』・・・ん、悪くないけど、判断保留。

 

サンドロビッチ・ヤバ子✕だろめおん『ケンガンオメガ』⑳・・・ストーリーの芯がない。

 

 

今週の読書(12月31~1月6日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

諸星大二郎『美少女を食べる』(再読)・・・以前読んだことはありますが、購入したので。絵柄の好き嫌いはあるにしろ、これだけ、奇妙な話を描ける漫画家は希有。短編集ですが、ベストは表題作にもなった「美少女を食べる」。

 

稲垣理一郎池上遼一『トリリオンゲーム』⑤~⑧・・・今更ですが。

 

珪素✕杠憲太『アウトレイジョウ』①・・・微妙。

 

洋介犬『JC殺人鬼やめました』①②・・・話はいつものホラーテイストの風刺風漫画ですが、絵が良い。フルカラーなのに、登場人物黒塗りって、どれだけよ。

 

西尾維新✕岩崎優次『暗号学園のいろは』⑤・・・展開が早い。このペースだと、7巻ぐらいで「完」になりそう。

 

とくめい『アラサーがVTuberになった話。』③・・・本当はできるのに自己評価が低い主人公のひとり語りは好き。最後の「閑話」が泣ける。

 

橘公司『王様のプロポーズ』⑤

 

理不尽な孫の手無職転生 ~蛇足編~』①・・・安定した読みやすさ。

 

白鳥士郎りゅうおうのおしごと! 盤外編1』

 

時雨沢恵一『レイの世界』③

 

青崎有吾『ノッキンオン・ロックドドア』②(再読)・・・短編ミステリのお手本といっても過言ではないでしょう。すごい短編集です。