シロクマあいすの日記

シロクマあいすの思いつきを書いたものです。

今週の読書(1月29日~2月4日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

 

チェンソーマン』①~⑬・・・アニメがあまりにも面白くて、原作にも手出し。え、これって「週刊少年ジャンプ」に連載されていたの?残虐シーン満載で、登場人物がみんなイカれていて、特に第一部後半は、あまりにもとんでもシーンが満載。絵が雑だったり、展開が早すぎたりを考えると、アニメの方が良かったけど、それはあくまでも原作の素晴らしさを引きだしただけで、原作も良かった。

キャラクターが、みんな異常者だけど、そのイカれ具合にしっかりと個性があって、情緒もあって本当によかった。

12巻からの第二部も第一部とはかなり内容が違うが、期待は大。

 

浅倉秋成✕小畑健『ショーハショーテン!』④・・・相変わらず面白い。「バクマン」を越えるかも。

 

白米良『ありふれた職業で世界最強』①・・・ザ・異世界転移ラノベって感じ。頑張って飛ばし飛ばし読んだけど、もういいかな。

今週の読書(1月22日~1月28日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

浅井ラボされど罪人は竜と踊る 猟犬に哀れみの首輪を』㉓・・・3ヶ月連続刊行ですね。でも、次巻で完結できる? また何年も待たされるのは嫌だよ。

 

白鳥士郎『りゅおうのおしごと!』⑰・・・初めのギャグ要素の強いラブコメから、勝負師の熱い世界&マジ恋愛になってきた。毎回新刊がでるたびに傑作だなと思う。でも、これってどうラストをつけるんでしょう。

 

桐山徹也『愚者のスプーンは曲がる』・・・まったく初見の作者の作品で、なんとなく読んでみたが、面白かった。「超能力を打ち消す能力」というもはや鉄板のネタを上手に処理して見せたコメディ調のサスペンス。

今週の読書(1月15日~1月21日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

藤本正二✕Juan Albarrn『マタギガンナー』➁

 

 

浅井ラボされど罪人は竜と踊る』⑥⑦⑧(再読)

 

笛吹太郎『コージーボーイズ、あるいは消えた居酒屋の謎』・・・読みやすい短編ミステリ集だが、まあ、それだけ。

映画『アバター ウェイ・オブ・ウォーター』とアニメ『チェーンソーマン』とドラマ『忍者に結婚は難しい』感想

まったくバラバラですが、最近見た映像作品というだけのくくり。

 

アバター ウェイ・オブ・ウォーター』はものすごく面白かった。

圧巻の映像美と、ちゃんと地球とは異なる惑星の設定がしっかりしていて、ドキュメント映画といわれても騙されるんじゃないというクオリティ。

ただ、最後の敵との戦い場面はもっとすっきりさせても良かったかなと思います。○○殺したり、○○生かしたりせずにもっと、悪者は全員死にましたチャンチャンで良かった。この後続編が作られるそうですが、いらないかも。

それよりも、この惑星とその生態系をひたすら見せて欲しい。

 

『チェーンソーマン』はいまさらですが、これも面白かった。原作を読んでいないのですが続きが気になりすぎる。買おうかな。

でも、原作を越えているんじゃないかなという印象はしますけど。

映像がいいですよね。よく静止画が使われるけど、いわゆる下手なアニメの映像の静止画とは違い、演出され尽くされた見事さです。

 

『忍者に結婚は難しい』。夫婦が実はお互いに秘密にしているけど、実はライバル関係にある現在にまだ生きる忍者で、という斬新な設定は今までに10作品ぐらいしか見たことがありません(笑)

ヒロインが忍び込んだ屋敷で警備の忍者を倒すシーンも最高で、警備の忍びは複数なのにすでに声も出さすに列を作って順番に襲いかかって一撃でやられていきます。

何をみて楽しむかのよって作品評価が変わるかも。

今週の読書(1月8日~1月14日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

浅井ラボされど罪人は竜と踊る』③④⑤(再読)

 

伏瀬『転生したらスライムだった件』①・・・アニメはしっかりチェックしていたので、今更ですけど。面白いは面白いけど、思った以上に話が急展開でした。

 

田中啓文『宇宙探偵ノーグレイ』・・・ミステリ風味のSF。田中啓文は久しぶりに読みましたけど、変わらないな。

 

黒辺あゆみ『百花宮のお掃除係』・・・異世界転生もので、中華風で、医療無双。好みには合ってるけど、うん、まあ、つまらなくはないよ、という感じ。

 

 

近藤信輔『忍者と極道』⑪

 

サンドロビッチ・ヤバ子✕だろめおん『ケンガンオメガ』⑮・・・私の好みとしては、もっと格闘大会的な展開がいいんだけど、微妙な話になってきた。

2022年のマイベスト本

あくまでも、私が2022年に読んだ本という基準です。

 

漫画部門

新規に購入した作品で、これはというのは少なかったです。

 

朝倉秋成✕小畑健『ショーハショーテン』①~③・・・お笑い青春物が好きなので。原作者をみても、作画者をみても、つまらなくなる要素はないですね。

 

るーすぼーい✕古屋庵無能なナナ』①~⑩・・・個人的に無能力者が知恵を振り絞って能力者を倒す話が好き。後半はコンセプトがぶれたけど、まだ期待しています。

 

久部緑郎✕松本渚『文豪ナツメは料理人が嫌い』①・・・とても斬新な内容だと思いますよ。話題にはならないけど。

 

あちゅむち『エロティック✕アナボリック』①~③

 

以下( )付きは、ベスト本にはいるのですが、2021年ベストにも選んだので。

(松井優征『逃げ上手の若君』~⑧)

(近藤信輔『忍者と極道』~⑩)

  (水上悟志『最果てのソルテ』~②)

 (田中一行『ジャンケットバンク』~⑨)

 

 

小説、他部門

 

ミステリ・伝奇

私的には伝奇ものはファンタジーよりも強いて言えばミステリに近いと思う。

鴨崎暖炉『密室黄金時代の殺人 雪の館と六つのトリック』『密室狂乱時代の殺人 

海の孤島と七つのトリック』

青崎有吾『11文字の檻』

山田正紀『囮捜査官 北見志穂』①~④

汀こるもの『探偵は御簾の中 白桃殿さまご乱心』

笹沢佐保『招かれざる客』

桃野雑派『老虎残夢』

伊吹亜門『刀と傘 明治京洛推理帖』

市川憂人『ボーンヤードは語らない』

京極夏彦『遠巷説百物語

 

SF・ファンタジー・ラノベ

理不尽な孫の手無職転生』全26巻・・・去年も選びましたが、これを外すわけにはいかないです。

理不尽な孫の手『オーク英雄物語』①~③・・・こちらも面白かった。

馬場翁『蜘蛛ですが何か?』全16巻・・・何だかんだ言っても今年後半で一番熱狂した作品。

丸山くがねオーバーロード 半森妖精の神人』⑮⑯

芝村裕吏マージナル・オペレーション 改』全11巻・・・完結を記念して。

今週の読書(1月1日~1月7日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。                                                                                   ※感想はあったりなかったり。                                                                                         ※漫画の再読は含まず。

 

浅井ラボされど罪人は竜と踊る 去りゆきし君との帝国』㉒・・・4年半ぶりの新刊です。しかも、3ヶ月連続刊行らしいですよ。内容は変わらず、濃密。普通のラノベ、4冊分ぐらいあるかも。連続刊行する三巻でひとつの話なのか、主人公は全然活躍しませんし、話もまったく終わっていませんが、次巻も楽しみ。

 

浅井ラボされど罪人は竜と踊る』①②(再読)・・・22巻を読んだ勢いで。やっぱり面白いな。

 

雨穴『変な家』・・・うーん。ものすごく読みやすかったけど、それは中身がないから。ホラー小説のプロットだけを読まされている感じです。小説の体を成していないので、不自然な展開や設定が、目立つ。一番気になるのは、この家を建てた建築会社に、一切、話が及ばないのが不自然過ぎる。

 

馬場翁蜘蛛ですが、なにか?EX』

 

TONO『カルバニア物語』・・・2年に一回しかでない作品の新刊。それだけでうれしい。でも、話が広がるばかりで全然、収拾する気配がない。作品が完結するよりも作者が描けなくなるか、読者(私)が読めなくなる方が早そう。

 

あちゅむち『エロティック✕アナボリック』②③・・・絵だけはエロ漫画なんですが、とにかく、ストイックにエロいボディを目指す女子と、それを絵にする男子の話。肉体とは何か、美とは何か、自意識とは何かという哲学的な話をしているような錯覚さえ起きる。自分でも何言っているか分からないけど、そんな感じの漫画。

 

松井優征『逃げ上手の若君』⑨・・・これって暗殺教室を越えるかもしれない。

 

ルーツ『ルーツビア』①・・・酒好き女子の日常という設定は良いけど、話が決定的につまらない。

 

高瀬志帆『二月の勝者』⑮⑯