シロクマあいすの日記

シロクマあいすの思いつきを書いたものです。

ちょい古漫画の再読。園田ゆり『あしあと探偵』

アフタヌーンに連載されていた全2巻の漫画ですが、一言で言えば、探偵物。

名探偵がでてくる謎とトリックのミステリではなく、私立探偵が活躍するハードボイルド路線ですが、とにかく主人公の「何考えてんだこいつ」キャラと、相棒の熱血新人キャラがうまくかみ合っています。

失踪人探し専門の探偵なので、犯罪に関わる話はあまりなく、「え、意外」的な話もないですが、「人が失踪する」ってどういうことなのかをじっくりと描きます。

と、今までの説明で、何だが劇画調のダークな雰囲気を感じ取ったかもしれませんが、実際はポップ(というほどでもないですけど、割と見やすい)絵柄で、ギャグっぽい描写も多く、主人公と相棒以外のキャラ立ちも良いので、楽しく読める秀作。

私の好きなキャラベストは「電調の椿原」。電話だけで情報を集めるスペシャリストですが、やっていることは「オレオレ詐欺」同然。彼を主人公にしたスピンオフを読みたい。

好きな話は第10、11話のオンラインゲーム上から行方が分からなくなった人物を探す話。一押しのキャラの椿原さんも活躍しますが、最後が本気で泣ける。

すごく大人気漫画にはなりづらいかもしれませんが、もっと続いて欲しかったです。