シロクマあいすの日記

シロクマあいすの思いつきを書いたものです。

今週の読書(12月19日~12月25日)

※今週、読んだ小説や漫画、ほか。              

※感想はあったりなかったり。               

※漫画の再読は含まず。

 

ラズウェル細木酒のほそ道』㊿

 

KAKERU『科学的に存在しうるクリーチャー娘の観察日記』⑨

KAKERU瀬口たかひろ『織津江大志の異世界クリ娘サバイバル日誌』③・・・この人、無駄なエロシーンがなければ、他のひとにもおすすめしやすいし、最高なんだけどな。

 

施川ユウキバーナード嬢曰く。』⑥・・・待ちわびていたよ。でも、以前より百合度が落ちて青春度が上がったような。

 

理不尽な孫の手無職転生異世界行ったら本気だす』①②・・・アニメがあまりにも面白かったので、原作にも手を出してしまった。読みやすくテンポ良く、アニメとは違う魅力で面白かった。アニメだと省略されていた世界設定などが書かれていてGOOD。ただ、どちらかを選ぶとなると、やはりアニメかな?

 

貴志祐介『我々は、みな孤独である』・・・最後の落ち(真相)に、やや腰砕けは感じるものの、それでもストーリーテーリングが抜群に上手い。この作者に駄作なし。始めは職業探偵やヤクザの出てくるハードボイルドな雰囲気から始まり、段々とオカルト・ホラー、そしてコズミックSFテイストへと物語が加速します。